MENU

神経痛の症状がつらい!改善法教えます

「カラダのあちこちが最近突然ヒリヒリと痛むようになってきた」。この記事をごらんになられたということは、ひょっとしてそうしたことでお悩みだからではありませんか? 言うまでもありませんが、それは神経痛の疑いがあります。

 

 

 

神経痛というと「老人の病気」というイメージがあるかもしれませんが、決してそうではありません。今や、若い人ですらこのやっかいな痛みに日々苦しめられているのだそうです。

 

 

 

この記事では神経症の原因や症状、そしてその対策について、丁寧に解説いたします。神経痛をなんとかしたいのであれば、ご一読をオススメします。

 

 

神経痛の症状はこれだからツライ

神経痛というのは、いったいなぜこんなにつらいのでしょうか。さまざまな要因がありますが、ひとりでは「〜だからつらいんだ」となかなか分析しづらいもの。というわけでこの項目では、「神経症あるある」を解説していきます。

 

 

痛みがずっと続く

神経痛の痛みというのは、かなり意地悪です。一瞬痛みがくるのではなく、いやらしくてジワジワとした痛みを、継続して感じるのです。長く続く痛みほど、つらく苦しいものはありません。特にこれが眠っている最中だと、寝不足になるほど苦しいのです。

 

 

カラダが自由に動かせない

神経痛の痛みは、こちらの行動を大きく制限するほどの苦痛を伴います。たとえば歩いている最中にあのヒリヒリがくれば、そのまましっかり歩こうなんて思えなくなり、最悪の場合そのままうずくまって動けなくなってしまいそうになります。

 

 

 

転んですりむいても歩くことはできますが、神経痛となるとそうはいきません。カラダの自由すら奪ってしまうのです

 

 

カンタンに治らない

神経痛というものは、そうカンタンに治るものではありません。後に説明しますが、神経痛の原因はきわめて多岐にわたります。その中には現代医学を以てしても治癒が難しいケースもあり、そうした神経痛を患ったが最後、一生つきあってしまうハメになるおそれすらあるのです。

 

 

 

ステキな異性とならばそれも望むところではありますが、なんのメリットもない神経痛と添い遂げるなんて、頼まれてもゴメンです。

 

 

他人に理解されづらい

神経痛のつらさについてここまで説明しましたが、最大の問題点は、こうしたネガティブな効果の数々を、なかなか他人に理解してもらえないことです。あの症状はきわめて独特なため、いざ自分がならないと実感ができないのです。

 

 

 

他人に伝えることのできない痛み。それがもっともつらいのかもしれませんね。

 

 

神経痛の症状に悩まされる方々の体験談

この項目では、実際神経症に悩まされている方の体験談をいくつか紹介していきます。まだ神経症を実感していない読者の方々は、この項目からその恐ろしさを体験してみるとよいでしょう。

 

 

Dさん:57歳

去年の春頃だったかな。ひざのあたりが不定期に痛むようになってきて。これが歩いていると突然ズキズキッ! ヒリヒリッてくるもんなんだから、たまらないんだよ。しばらくして、これがうわさの神経痛ってやつかって分かったね。いや、とにかく痛い痛い。痛くてもなんともできないってのが本当につらくてしょうがないよ。

 

 

 

ああ、ここから先もこの痛みが続くなんて、嫌だなあ。

 

 

Rさん:28歳

わたしは二十代後半の女性。本来であれば、神経痛とは無縁とされる年齢層の人間です。でも、そのはずなのに、なぜか神経痛になってしまいました。特にひどいのは眠るとき。たとえゆっくり眠れそうだなという感じでも、突然あの痛みがどこからともなくやってきて、それのせいでベッドを虫みたいに転げ回ることとなるのです。

 

 

 

最近では通勤途中や仕事中でもその痛みが走るようになってきて、かなりじゃまです。このままだと、頭がおかしくなってしまいそう……。

 

 

神経痛、症状発生の原因は?

そのようにやっかいな神経痛ではありますが、いったいどのような原因で発生するのでしょうか。さきほども申し上げた通りその要因は多岐にわたり、ここに紹介したいくつもの事柄が積み重なることで、症状が発生するようです。

 

 

過労

「神経痛」とはその名の通り、なにかしらの原因によって神経に問題が発生することで症状が出てきます。その神経の問題を発生させる要素ですが、たとえば過度の疲労などがそれに当たるのです。

 

 

 

くたくたになるぐらい疲れる日が何ヶ月も続いていると、神経が休まらなくなってしまい、カンタンにいえば緊張したままの状態になるのです。その結果神経はムダに負担を受けるようになり、それによって痛みが発生してしまいます。

 

 

ストレス

ストレスもまた、神経に異常状態を発生させます。通常、神経というのは人間が休憩していると、リラックスした状態になるのですが、ストレスが蓄積された状態では、それが起こってくれず、ずっとフル稼働しているのです。それによって神経がいわば「疲労」してしまい、それによる痛みが起こってしまうのですね。

 

 

よくない姿勢の継続

「姿勢には十分注意しろ」といわれていますが、これはなにも見栄えだけの問題ではありません。よくない姿勢をとり続けていると、骨や筋肉が変な位置で固定されるようになり、それによって神経が物理的に圧迫されてしまうのです。これはカンタンに言えば「抓られている」のと似たようなもので、これが続けば当然痛みの温床となります。

 

 

原因不明の「突発性神経痛」も

このように、原因がはっきりしているケースもありますが、一方でははっきりした要因が見あたらず、ある日突然発生する場合もあります。これを「突発性神経痛」というのですが、原因の特定が非常に難しく、一度かかってしまえば治療はやっかいなものとなります

 

 

神経痛の症状を改善するには

それでは最後に、神経痛の症状改善方法についてお伝えしましょう。劇的な改善こそ望めませんが、それでも日々の苦痛を和らげることはできます。今お悩みの方は、一度実践してみてください。

 

 

痛みを和らげる薬

神経痛対策の薬は、薬局などで一般的に販売されています。多くは神経痛による痛みを和らげるためのもので、これには傷ついた神経を修復するメコバラミンやコンドロイチンといった成分がふくまれており、内部から神経に働きかけてくれます。

 

 

 

服用の際は、用法用量をしっかり守らなければ、十分な効果を発揮することができません

 

 

カラダを温める食べ物

神経痛を和らげるには、カラダを温めることが効果的とされています。それによって血行を促進し、神経を安定させる効き目があるからです。そのため、カラダを温める働きを持つ食べ物が有効です。

 

 

 

神経痛に効果がある食べ物は、ニンニクやショウガ、ネギなど。寒さが厳しくなる冬場に、鍋物などにいれて食べたいですね。

 

 

サプリメントの摂取

忙しいサラリーマンなどにうってつけの対策法は、サプリメントを毎日摂取するといったものです。神経痛に効果があるとされる成分は、先述したコンドロイチンやメコバラミンの他、パントテン酸カルシウムやピリドキシン塩酸塩、ピリドキシンにチアミンなどです。これらが入ったサプリメントを、ドラッグストアなどで探してみてください。

 

 

 

ですが、飲む際には、必ず水で飲むこと、そして一度に多く飲まないということを守ってください。これを守らなければ効果が表れないだけでなく、よくない症状がでることもあります。

 

 

まとめ〜神経痛の症状がツライときは、この記事を思い出して〜

以上、神経痛の症状と対策に関するさまざまな情報をお伝えしました。神経痛というのは、なった人にしかわかりませんが、きわめてつらく苦しいものです。

 

 

 

しかし、もしあなたが神経痛に悩まされたときは、是非この記事の内容を思い出してください。必ず、あなたの役に立つでしょう。